アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自論的 ・・・」のブログ記事

みんなの「自論的 ・・・」ブログ


釣師のエコ風「母さんの風邪療法」

2007/01/10 00:50
画像

私が子供の頃、おばあちゃんやお母さんから
風邪気味の気配を感じると必ず飲まされた物が
ありました。
「大根あめ」「卵 酒」と呼ばれるもので、
決して旨くなかった為よく抵抗した事を覚えてます。

30〜40年前は現在と違い近くに薬局や病院がなく、
子供の健康管理は、母親や祖母たちの役目だった様に
思えます。
最近はスーパーや薬局などでも販売しています。
先日、医院外処方箋薬局に、しょうが湯が
カウンターの上に陳列してありました。
「懐かしいなあー」と、感じつつも買わずに
精算を済ませ帰ったが、チョット気になっていました。

本格的な風邪になってしまうと、薬に頼らざるを
得なくなりますが、初期段階であれば、
エコ風「母さんの風邪療法」を取り入れて
みるのも一つの手ではないでしょうか。
冷蔵庫の中の野菜や食材を使って、
試してみる価値はありですよ。きっと!
画像

・ ・ ・ ・ ・ ・ しょうが湯 ・ ・ ・ ・ ・ ・
しょうがには血液の循環をよくして体を温め、
発汗させる作用があります。
しょうが汁に熱いお湯を注ぎ、はちみつを加え、
よくかき混ぜていただきます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ 大根あめ ・ ・ ・ ・ ・ ・
大根を1cm角に切って容器に入れ、
その上にはちみつを加えるだけ。
2日くらい置いておき、大根が浮いてきたら、
上澄みをそのままいただきます。お湯
に溶かして飲むと、全身が温まりますよ。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 卵 酒 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
ゾクゾクと寒気がしたら、卵酒で体を温めましょう。
日本酒1カップに対して溶きほぐした卵を1個入れて
火にかけ、半熟になってきたら、はちみつや黒砂糖
などを加えて、アツアツのうちにいただきます。

他に、梅干し1個としょうが汁・黒砂糖で作る「梅干し湯」、
みかんを皮ごと黒くなるまで焼いて食べる「みかんの黒焼き」、
また「くず湯」や「にんじんスープ」なども風邪のひき始めに
効果があるといわれています。

風邪とインフルエンザは見分けが難しい部分もありますが、
インフルエンザの場合、以下のような症状が強く現れます。
・悪寒が強い
・39〜40度の高熱が出る
・関節痛、筋肉痛がある
・鼻、ノドの症状よりも先に、全身症状がある
いずれにしても症状が現れた場合には、
早めに病院で診てもらい、適切な治療薬を
処方してもらえば、悪化せずに治る様です。
画像

風邪をひいたり、インフルエンザに感染してしまったら、
十分な休養・睡眠と栄養、水分補給が大切です。
眠るときには部屋の湿度を充分に保ち、温かくして
休むようにしましょう。熱がある場合には、
わきの下や首を中心に冷やします。
市販の冷却グッズもうまく活用して、早く元気を取り戻し
フィールドに出掛けなければターゲットとは
逢えないのですから。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
ポチッと一押し!お願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


HONDA 「モンキー・40周年SP」発売だって!

2006/12/20 22:06
ホンダ特別モデル「モンキー・40周年スペシャル」

画像

ホンダ、「モンキー」の40周年記念モデルを受注販売

この年の暮れに、懐かしいバイクが発売されてるらしい。
HONDA「モンキー・40周年スペシャル」である。

受注生産で15日に受け付けを開始し、2007年1月14日迄。
価格(税込み)は21万5250円。
1967 年に発売した初代モデル「モンキーZ50M」をモチーフに、
初代と同じチェック柄のシートを採用した。>という事である。

このバイクは中学時代から高校時代まで友達に借りて空き地や
林道を走った記憶があり、当時からトリッキーなバイクだった。
当時、中学生だった頃、中高校生趣向のバイクが発売され
オフロード系のホンダ・SR、ヤマハ・トレールDT、スズキ・ハスラー
などで登校する事が、すごーくカッコ良く印象的だった。

私も親に購入をせがむが、当然、ダメダメ、絶対駄目でした。
理由は「事故が心配だから・・・」であった。当然と言えば当然か!
故に、私は最後まで電車通学でしたが、定期代の事を考えると
当時の金額であれば買えたのかもしれない、とも思うのだが。

モンキーの当時販売金額は7,8万円位だったと思う。
大変懐かしく思うのはフォーク世代だからでしょうか。
振り返ると当時よく山道をバイク(無免許です)で走っていても
川なんて邪魔くさいなんて思いながら乗ってた様な気がします。
なんてモッタイナイ事をしたのだろうか。(FF知らないしー)
その時の釣果なんて、きっと尺イワナがゴロゴロ泳いで居ただろうな。

画像

まさしく、勿体なく、今思うと考えられないくらい、
人も自然も良い時代だったのだ。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←ポチッと一押し!




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


後は「オレ流」でやるっきゃない!と・・・

2006/12/19 11:28
画像

12月半ば、あたり一面冬景色に変わった札幌です。
いよいよ冬・・・・と、我々大人たちは身構えてしまい、
クリスマス、正月がもうそこまで近づいてきている、
今日この頃です。
外は、元気な子供たちのハシャグ情景は、今も昔も変わらない。
たぶん子供には子供の世界があるのだろう。
懐かしくもある、この風景こそ自然なのだろう。


2006年は子供たちのイジメ、殺人、自殺と新聞、TVで
朝から晩まで連日報道され、困り果てた一年でした。
ある意味「子供は放っておけば良い」のではないだろうか。
もし放っておけないような世の中であれば、
それはもう、子供が自然な成長を遂げられない、
「危険な社会」と言うことだろうか。
「子育て論」も国会議論に広がり、神経質な議論を繰り広げている。
解説者やコメンテーター達の、まるでマニュアル本のような論議を
聞いていると「どこか違うなー」という違和感さえ感じる。
「まるで腫れ物」に触るような議論ばかり。
我々大人社会の身勝手な理屈を押し付けている・・・と。
私たち親は誰でもやってきた「子育て」なんだから、
そんなに難しい物ではないはずなのに。(一応2子の親デス)
画像

どだい子供たちの心の隅々まで、先生や親に解るはずがないだろう。
やはり、私たち親は「命」というか、生きていく為の「信念」と「知恵」を
教えていく事ではないでしょうか。(真っ向、勝負デスょ釣りも)
後は子供次第でなんとか、ガ・ン・バ!ですョ。
最後は、中日・落合監督の、いさぎよく
「オレ流・自分流」でやるっきゃないのでは・・・。

画像
Amazon オレ流クラシック

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←参加してます。出来ればポチッとひと押し!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「自論的 ・・・」ブログ

FlyFishingBar 鱒や's note 自論的 ・・・のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる