アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「釣行記」のブログ記事

みんなの「釣行記」ブログ


サンル川天然ヤマメの行方

2008/09/24 18:56
猛暑とは程遠い北海道の夏が過ぎ、
9月に入り連日25度以上の日が連日続き、
水中はまだ夏の延長線上にあり、
魚の活性は多分芳しくないと思いながらも
思い出の渓流『サンル川』での釣行と決め
札幌より一直線で下川町へ。
前日の夕方、下見の段階ではカゲロウ、ヒゲナガ等の
ハッチは無く明朝に期待を寄せる事に。
朝7時、橋の上から観察すると小さなライズがあり、
何かがモジッている様にも・・・即入渓と、いきたい所ですが、
トロ場の渓相でもあり、サクラマスの産卵場なのかを
注意しつつ、川底をジックリ観察し入渓。
飛んでいる虫は極小サイズでしたので、当然ミッジフライを装着。
しかし、フッキングせず更にサイズダウン、#24パラシュートに。
静かに流してやると水を切るかの様にヤマメのパーマークを確認。
しかし、寄せてみると体長10cmに満たないヤマメ。

画像

国道40号線を走っていると、剣淵町の、のどかな田園風景が・・・

画像

サンル川のもう一つの顔、結構厳しい流れです。

画像

今回、釣行デビューの【GRAIN ZAGX】です。

画像

サンル川本来の穏やかな渓相です。ヤマメが棲み易そうです。

画像

#24midgeでは、やはりこの位か・・・でも可愛い!

画像

また!チビヤマメ・・・フライ交換!

画像

ここまで来たからには、旭川ラーメン村で・・・

画像

昼ちょっと前でも、駐車場は満車、そしてこんなに行列が・・・

画像

私が思うに旭川ラーメンは、やはり天金・青葉・蜂屋ですね!

画像

お待ちどうさま!ツバを飲み込みながらの撮影です。


北海道の北部、天塩川支流のサンル川は、
国内でも数少ないダムのない川です。
ここは、海と川を行き来するサクラマスが多い時には3,000匹も
遡ってくる国内最大級の産卵場としても知られています。
また天塩川の河口から、源流部にある産卵場までの距離は
約200kmもあり、サンル川のサクラマスは、日本の川で
最も長い距離を遡る魚だといわれています。
盛春から初秋まで北の渓流に天然ヤマメを求め、
道内のつり人が訪れ、ヤマメの渓流として
北海道を代表する渓流です。

多くの釣雑誌でも取り上げられ、ご承知の通りサンル川では、
多目的ダムの建設事業が進められています。
北海道民も当然この豊かな自然環境を犠牲にするほどの効果が
あるのか疑問視されておりますが、
未だ中止になることも無くダム建設は進行しています。

私も釣人してではなく、道民の一人として本当にダムが
私達の生活に、どれだけの快適を与えてくれるのか・・・
大正時代に計画されたダム建設を、
平成の今も必要なのかを、どうしても思えません。
そんな事を思いながらの釣行となりました。

最後に、生りは小さいヤマメですが元気に戻っていく姿を見て、
今後のサンル川の行く末を、尚一層心配する結果となりました。
この記事が読まれる頃には、計らずもサクラマスたちは、
無事産卵を終えている事でしょう。

  にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←ポチッと一押しお願いします!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自然無垢な微笑み

2008/08/10 19:17
画像

何年経っても、何千回経験しても、魚種が何であろうとも、
ランディング時の表情は誰でも同じなのだろう、きっと・・・
これからも日本中で、幾多の微笑が繰り返される様
環境問題に対する意識や知識を高め、
自然との共生について考えていきたいものです・・・

  にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←ポチッと一押しお願いします!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


#24Midgeの威力

2008/08/07 19:18
画像

日没から1時間後、こんなハズでは無かったのだが・・・

辺りが暗くなって来た頃、25cmクラスとのやり取りが関の山と
思いつつDLY#24Midgeを、フワッとパラシュート着水・・・
数十秒後・・・あれ!何だこの手ごたえ、重いなー・・・
なにか漂流物にでも引っ掛けたかな?
ロッドを立てたその時、一気にリールの悲鳴のような音が・・・・

ジャーーージャーーー!ジ、ジ、ジィ・・・又もやジャーーー!

デカイ!何で!何で! FLYは#24Midgeだぞ・・・

何分格闘したのかは、全く覚えていない。
でも、えらく長く感じ、当然の事ながら自身もパニ、パニ、パニック状態。
数回の大ジャンプの後、モンスターの姿があらわに・・・
#24フックはほとんど延び切った状態で、
彼の口元外側にしっかりフッキングしていた。

たいしたもんだ、TIEMCO Hook、ティペット・・・

撮影後、至福のタメ息が込み上げ、頭の中では・・・

この疲れ方はここ数十年味わった事がないと、

呟いていた事だけは、覚えているのでした。

  にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←ポチッと一押しお願いします!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


晴天の支笏湖 BROWN TROUT

2008/06/09 18:27
画像

モンガゲCDCスピナー着水とほぼ同時にアタックしてきたブラウン・・・
やるき満々の腹ぺこブラウン!・・・撮影後、元気に戻っていきました。

画像

  にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←ポチッと一押しお願いします!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


道東の至福のとき・・・虹鱒の川

2007/01/26 18:00
画像

毎年初夏、必ず訪れる川のBestPointShot!です。
私たち夫婦はこの川を、虹鱒川と呼んでいます。(本当は違います)
いつも、この写真を撮影している地点からアプローチしている。
奥の落ち込みから3m位迄の範囲で居着いているので
とても狙い易いのだが、さてビッグサイズが出てくれるかが・・
この時期、日中でもあちこちにディンプルリングが出ている事が多い。
この川定番である、コンパラダン #15を5Xティペットに通して・・・
めっちゃアセル気持ちを抑えつつ、先ずは、第一投目・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・ その時 ! ・・・・・・・・・・・・・
フライ着水と同時にスプラッシュジャンプでフッキング・・・
・・・・・・・・・・・・・・・ キッ、来た! ・・・・・・・・・・・・・・・・
出来るだけ近くに居る魚を刺激させない様にアシスト(無理です)
そして至福のランディング(笑)、早々にリリースです(礼)。

画像

なんと入渓早々のサプライズでした。
その後も暗くなるまで沢山の魚たちと遊ぶ事が出来ました。
地元のあつーい温泉に浸かり、車中泊で就寝でした。

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ←ポチッと一押し!お願いします
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「釣行記」ブログ

FlyFishingBar 鱒や's note 釣行記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる